2008年01月08日

時計は誰かにプレゼントして欲しかった

時計を買った。
2007年は2本も。

zuccaっていう、日本発服飾ブランドが出してる可愛いやつ。
デザイナー曰く、おいしい服を作りたいそうな。
うむ。ものすごく響いている。
服って、味しないもんね。何着ても、うまい不味いはない。

ただ、着ている本人がどう思うか。

服は、まるで自分の皮膚のように、まとうもの。
裸でいるときなんて、お風呂に入るとき、
セックスするとき、くらいでしょ。

服ってここまで普遍化されすぎて、感覚抜けちゃっているけど。
着ている本人の気持ちだとか、身体感覚をものすごく左右してる。
全身真っ黒でキメている人は、「シックにカッコつけたい」と
思っているはず。
カラフルで攻めている人は、「ちょっくら目立とうか」なんて
腹の底で煮えくらかしているに違いない。

それは、行動にも表れちゃう。
「今日は、イケイケの俺だから〜、ガンガンいっちゃうぜー」
なんて、街行く全身真っ黒のホストお兄ちゃんは思ってるんだろうな。

グダグダ書いたけど、
人は身に着ける服に潜在的ではあるけれど、
「おいしさ」
つまりは、
表現できる付加価値(逆にわかりにくい言葉になっちゃった)みたいなものを期待してるんじゃないか、ということです。


話は戻って、
zuccaの小野塚さんって方は、「そこ」を絶妙に狙ってるんじゃないかな。

てか、時計の話でしたね。zuccaは良い時計ですよ。
死ぬとき、棺おけに入れて、みんなに見てもらいたいモノNO1ですね。


2007年、もう一つの時計の話は、後日。
するかもね。
posted by お茶好きな僕 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77207739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。